ウィークリージェルネイルをオフしたいときはアセトンを使おう!

このブログで何度かご紹介しているHOMEIのウィークリージェル。

ポリッシュを塗る感覚で簡単にジェルネイルができるのでとっても優秀。

普通のポリッシュよりも長持ちします。

しかし、飽き性のわたしは塗ってからすぐにネイルを変えたいときもあります。

ウィークリジェルは剥がしてオフするタイプなのですが、持ちがいいと本当に剥がれないのですぐにオフしたい時に剥がせないのが少しネックです。

そこで今回はすぐにオフするためにアセトン入りのネイルリムーバーをつかってみました。

アセトンを使ってウィークリージェルをオフ

こちらがウォークリージェルを塗ってからしばらくしたネイルの様子。

剥がせる隙間もないぐらいしっかりついています。

少し爪が伸びてきて不恰好になってきたのでジェルオフに最適なアセトン入りのリムーバーを使っていきます。

今回使ったのはDUP ネイルポリッシュ リムーバー EXです。普通の除光液とは違いアセトンが入っているのでソフトジェルネイルをオフできます。

@cosmeで高く評価されているリムーバーです。

もちろん普通のポリッシュにも使えます。落としにくいラメ入りのポリッシュを落とす時に活躍してくれます!

早速つかってみた

まずはコットンを爪の大きさにちぎって、DUP ネイルポリッシュ リムーバー EXを含ませて爪の上にのせます。

このときリムーバーはケチらずたっぷりめがおすすめ。少し表面をファイルで削るとリムーバーが染み込みやすくなって剥がれやすくなります。

コットンの上からアルミを巻いて5〜10分ほど放置!リムーバーは蒸発しやすいので早めに巻きましょう。

時間がたって見てみるとおもしろいぐらいにベロンと剥がれています。

ファイルなどを使って削りながらオフしていきましょう。

まだ取れない箇所があれば再びコットンにネイルリムーバーを含ませてアルミで巻いて放置します。

オフできたら、爪を整えて完成!

とっても簡単!

ジェルネイルオフは自宅で簡単にできるのでネイルサロンでのオフ代を節約したい時にもいいかも。

ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください