美白にはトマトジュースがいいらしい!ということで早速カゴメトマトジュースを買ってみた!

こんばんは!最近は日焼け痕を治すためにアロインスを塗りまくっています。

日焼け後ケアのためにアロインス オーデクリームSを購入!スベスベ肌になれちゃう!【優秀コスメ】

2016年10月3日

このアロインスはすべすべでしっとりしてとても気に入っています。

ちなみにまだ美白効果は感じられません。

そんなこんなで毎日首と腕白くなりたいと思いながら調べていると「トマトジュースが美白に効果あり」という情報を見つけました。

ということでトマトジュースを買ってみました!

なぜトマトジュースが美白効果があるのか?

1d1940c82953509b50a4e1706e98775d_s

トマトに含まれるリコピンは活性酸素を抑制する強い抗酸化作用を持っています。

そのためリコピンはシミやソバカスなどの原因となるメラニンの生成を抑えてくれます。

美肌効果が高いと言われているビタミンEと一緒に摂取することでさらに効果が高まることをKAGOMEが発表しています。

ちなみにビタミンEが豊富なのはアーモンド・オリーブ・いくら・鮎などです。

ほかにもリコピンはコラーゲンを増加させる効果やコラーゲン量が減るのを抑える効果があるので肌にハリを与えシワ予防にもなります。

また、目の下のシワ予防や紫外線予防にも効果があるといわれています。

リコピンの効果的な摂取方法

調理すると栄養が逃げてしまうというイメージがあるかと思いますが、リコピンは熱に強いので調理しても壊れません。

むしろ、油などと一緒に調理したほうがリコピンの吸収率が良くなるそうです。

トマトジュースも一緒で生のトマトよりもリコピンの吸収率が高いという研究結果が出ています。

ちなみにカゴメのトマトジュース食塩入りは200mlあたりリコピンが16.3 〜29.3mgも含まれています。

これは生のトマト1個のリコピン含有量の4倍〜7倍と言われています。

このことからトマトの加工食品を摂取した方が効率よくリコピンを摂取できます。

カゴメトマトジュースを買ってみた!

tomato2

今回購入したのはカゴメトマトジュース食塩入りです。一番スタンダードなやつですね!

1本138円ぐらいでした。

食塩無添加のほうがいい

tomato3

買った後に知ったのですがトマトジュースを飲むなら食塩無添加の方がいいらしいです。

塩はトマトの旨味を出すためにいれてあるそうです。

食塩は摂取しすぎるとむくみにつながるので毎日飲むなら無添加のものの方がいいんだとか。

少しさっぱりした味らしいのですが健康やむくまないためにも今度からは食塩無添加を選ぼうと思います。

ちなみに食塩無添加の方が若干ではありますが食塩ありよりもリコピン含有量が多いです。

1日1杯がお約束

tomato4

表記をみると1日コップ1杯(200ml)を目安に飲むのを推奨しています。

食塩やベータカロテンの過剰摂取防止のため書いてあるのだと思います。

トマトにはベータカロテンも豊富に含まれておりビタミンAに変わり体にはたらきかけるのですが、過剰摂取してしまうと柑皮症という皮膚が黄色くなる症状がでてくるので注意が必要です。

ちなみにリコピンの一日の摂取量の目安は15mgなのでトマトジュース1杯で補えます。

美味しいから続けられそう!

トマトジュースを飲むなら夜寝る前がいいそうです。

寝ている間に成長ホルモンが活発になるので、リコピンが体に働きかけやすくなり美白効果を発揮してくれます。

ということで夜寝る前に飲んでます。

 

わたしは生のトマトは苦手ですがトマトジュースなら美味しいので続けられそうです。

野菜不足も解消されそうだし、少しでも肌が明るくなるのを信じて続けてみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください