シュウウエムラ ハードフォーミュラで眉毛の悩み解決

私の中でメイクしてる時に一番時間がかかるのが眉毛。

顔の印象決める大きな部分だと思うので手を抜かずに描きたい派です!

上手く描けたときはその日1日気分がよくなります。

そんな私の眉毛を仕上げてくれるアイブロウアイテムに仲間が増えたのでご紹介しますね!

シュウウエムラのハードフォーミュラ

shu uemura ハードフォーミュラ 06 エイコーン ¥2,500(税抜)

芯の硬さに段階があるのですが、こちらのハードフォーミュラ エイコーンは最も硬い芯を表すハード9だそうです。硬くて先端が薙刀のような形をしているので細い毛のように描けるアイテムです。

眉ペンシルは繰り出し式や今回のような鉛筆型などがありますが、私は鉛筆型の方が長持ちで描きやすいので好きです。ハードフォーミュラは前から気になっていたのですが、優先順位が低く見送っていました。

だけどこの前KATEの眉ペンシル(繰り出し式だけど安いから使ってたの)がどこかへ消えたのと、インスタでフォローしている方がハードフォーミュラの写真をpostしていて、店頭で削ってもらえることを知って購入に至りました。

のちにKATEは見つかりました(笑)

店頭でも説明していただいたのですが、ハードフォーミュラの薙刀の形は店頭で削ってもらえるそうです。しかも無料。

あんな形に削るのは美大生ぐらいしかできないのでは・・・と思っていたので安心です(笑)持っていくのが面倒かもだけど今のところそんな急激に芯がなくなるようには思えないです。

髪が明るいのに暗めのトーンにした理由

エンコーンは暗めのこげ茶色です。私の動画見てる方はわかるかもしれないですが、髪色結構明るいんですよ。

なので、この色は暗すぎなのでは?と思う方もいらっしゃると思いますがこの色にした理由が二つあります。

1つは髪色をコロコロ変えるから。飽き性の私は毎度髪色をコロコロかえます。赤毛にしたり、アッシュ系にしたり、ハイライトローライト混ぜたりします。

髪型変えるたびに眉アイテムを変えるのはめんどくさいしお金もかかるので「どんな髪型にしても合う色がいい」とスタッフさんに相談したところ『エンコーンで眉毛を描いて、髪が明るければ上から眉マスカラを塗れば眉毛も明るくなるので暗い髪色にも明るい髪色にも使えます!』と言われてこれに決定!

実際にエンコーン×シュウウエムラのアイブローマニキュアトニーゴールドでアイブローを仕上げたら全く浮かずハマる仕上がりになりました。

2つめは眉毛のハゲ隠しができるから。

私の眉毛は結構しっかり生えている方なのですが、たまーに抜く癖があるのでちょいちょい毛がたりない部分があります。

この状態でアイブロウパウダーで仕上げると同じ濃さで塗っていてもハゲた部分だけ濃さが足りなくて眉毛にムラができちゃうんです。

っていう悩み相談をしたら『多分普段明るいブラウンパウダーで描いてますよね。それだとどうしても生えてない部分が浮いてきちゃうので濃い色で眉毛を書き足すことでムラもなくなると思いますよ!』といわれスーッと落ちました。悩み解決!

考えればわかることなのに気づくの遅すぎた。実際にエンコーンで足りないなーと思った部分をシュッシュと1本1本書き足してみたのですが、ムラなく綺麗に仕上がりました。

前より眉毛が綺麗に描けるようになって嬉しい!

ハードフォーミュラは芯がしっかりしてるから描きやすいし、細い薙刀状になってるから狙ったところに描きやすいんだと思います。でもしっかりファンデやパウダー仕込んでないと色がでないので、描く前にしっかりパウダーを塗ってます。これはハードフォーミュラに限らずアイブローを描くとき全部に言えることだ思います。

削るタイミングはいつか聞いたところ芯が削れて来て木の部分が肌に当たって気になるようなったときがいいとのこと。

20cmぐらいあるし、芯も硬いので結構持ちそうです。これで2500円なら高コスパだと思います。

最近の眉毛アイテムはこちら。パウダーはインテグレートのもつかってるけど、最近の髪色はViseeのほうが合います。

shuuemuraのアイブローの描き方動画見つけたけど、おしゃれすぎかつ短くまとまりすぎて全然入ってこない(笑)

概要欄見なきゃわからないよ!!

他にもいろんなタイプのアイブローの描き方動画がアップされていたので興味のある方は見てみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUTこの記事をかいた人

とりんと申します!フリーランスで活動中。コスメレビューやメイクに関する情報を中心に執筆しています!朝のメイク、食べること、ファッションが好き。お仕事依頼はinfo★atcosme.infoまでお願いします。(★を@に変更してお送りください。)