インラインにひいても落ちないLoveLiner ラブ・ライナー ペンシル

インラインに使っているペンシルを少し前に新調しました。

今まではビボのアイライナーペンシルを使っていました。側面に目玉がいっぱいついてて400円ぐらいで買えるやつです。

安くて長持ちするのですが、少し滲みやすいし削るの面倒だし黒色が今の私のメイクには重すぎるので、この前薬局でみつけたラブライナーの最近でたペンシルタイプのアイライナーを買ってみました。

LoveLiner ラブ・ライナー ペンシル

LoveLiner ラブ・ライナー ペンシル 1,296円

リキッドタイプよりも少し安いです。色は3色あって私はミディアムブラウンにしました。

アッシュブラウンよりもダークなブラウンです。ラブライナーのペンシルは初めてでしたが、リキッドタイプがすごく使いやすいし、リニューアルされたアイテムなので期待を膨らませて買いました。

中を開けるとラブライナーペンシルがなみなみになった厚紙の谷に収められていました。

そこには初めから芯を出しすぎないために「芯の柔らかさを保つため繰り出した芯は戻せません。」の注意書きが。

戻せないものを出しすぎた時の後悔は半端ないのでこれはとても優しい注意書きだと思いました。

パケはこんな感じ。白い部分が持ち手になります。

リキッドとは違ったデザインだから両方持っていても間違えにくいですね。

細いし軽いからポーチに1本いれておいてもいいですね。

ラブライナーペンシルの特徴は先端が楕円形になっていること。

楕円形になっていることで細い線も太い線も描きやすくなってるんです。実際に使ってみてわかったけど楕円形はすごく描きやすい。正直ペンシルでまつげのキワにライン引くの下手くそだからすごく苦手なんだけど、楕円系の先端を横にして目尻を引っ張って描いたらすごく描きやすかった。

しかもウォータープルーフで目元への色素沈着を防ぐ顔料インクを使用してるから茶クマを予防できます。

目元に優しい5種類の美容オイルも入ってるから潤いを与えてくれるしするする滑らかな描き心地です。

インラインに使ってます!

私はこのラブライナーペンシルを主にインラインに使ってます!

インラインを引く前

インライン引いた後

わかりやすいように少し下から撮影してみました。

粘膜の上でもしっかりと発色するし綺麗にまつげとまつげの間をうめてくれます。

粘膜って少しなみだとかで濡れてるから時間がたつとだんだん落ちてくるんだけど、これはピタッとフィットするので簡単には落ちないです。

インラインを引く前

インラインを引いた後

今度は正面から撮影した写真です。

濃いめの茶色なので目を引き締めてくれる感じがします。でも黒じゃないから重すぎないのがいい。

リキッドよりも柔らかさをだしてくれるからナチュラルに盛れます。

目尻のキワにも引いてるんですが太くなりすぎないし、にじまないからすごく使いやすい。

使える部分がどれだけの長さなのかわからないけど、ペン先を1mmぐらいだすだけで目ふたつ分いけるから長く使えると思います。

 

リキッドは今モテライナーを使っているのですが使い切ったら多分ラブライナーに戻します!モテライナー落ちにくいし、描きやすいけど最初のほう全然でないし、先端すごい汚れるし、たまに蓋をとったとき先端も一緒にとれてあわあわなるのでその点がちょっと使いにくかったです。

ラブライナーは描きやすい、落ちにくい、カラーバリエーション豊富、プチプラなので文句ないと思います。

 

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。