アヴェダのパドルブラシの正しいお手入れ方法をAVEDAの人に聞いてみた!

私は髪をとかすときアヴェダのパドルブラシを愛用しています。

一本一本がしっかりしたブラシで髪の毛をとかすだけでなく、頭皮マッサージもできちゃう優れものです。

髪の毛や頭皮に負担がかからないようにクッション性があります。

毎日のように髪をとかしていると髪が絡まったり、水気がついたりと少しずつ汚れがたまるもの。

そのままにしておくと不衛生なので私は髪の毛を取り、アルコールでふき取ったりするのですが正しいお手入れ方法が気になったのでAVEDAに問い合わせてみました。

アヴェダ パドルブラシのお手入れ方法

AVEDAの商品ページを見てみると以下のように書いてあります。

コーティングをしていないため、水に濡らした場合はすぐにふき取っていただき、お風呂場などの湿気の多い場所での保管はお避けください。

パドルブラシは水に弱いらしいのでこれまで私はアルコールでふき取って外で乾燥させていました。

でも、間違っていたら不安なのでAVEDAに問い合わせてみると1時間後に返信が返ってきました!

パドルブラシのお手入れについてですが、ブラシ部分は髪の毛を取り除き、きれいなぬるま湯で洗い流し、振って水気を取るかタオルで軽くたたいてから、ブラシの毛の方を下にしてタオルなどの上に置き、陰干しでしっかり乾燥させください。

本体部分は天然の素材を使用しておりますので、長時間水につけることは避けてください。
通常は布などで汚れをふき取っていただくなどのお手入れをお勧めいたします。

なお、汚れが気になる場合には、中性洗剤を薄めたぬるま湯の中で洗っていただき、そのあとしっかり洗剤を洗い流してください。
また、ブラシの間の汚れは綿棒をを水で濡らして掃除してください。
その後は、ブラシの毛の方を下にしてしっかり乾燥させてからご使用ください。

AVEDAからの返信を引用

長時間水につけなければ水で濡らしていいんですね!

空気穴が一箇所空いているので入らないように注意しながら洗えば大丈夫そうですね。

早速お手入れしてみた

髪の毛を取り除きさっと洗ってから綿棒でブラシの間をお掃除しました。

ブラシの先端にはアルコールをつけてあります。

ブラシとブラシの間がちょうど綿棒が通りやすい大きさなので掃除しやすいです。

結構汚れてびっくり!お手入れしてよかった。

布よりも、綿棒のほうが動かしやすく細かい汚れがとれます。

まとめ

水に弱いと聞いていたのでてっきりつけちゃダメかと思ったら、つけても大丈夫みたいです。

その代わり長時間水につけすぎないように注意が必要です。

正しいお手入れ方法をすればブラシの寿命も伸びるので、お持ちの方はぜひやってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください