【ハイトーン】私の最近のヘアスタイル・ヘアカラーから学んだこと

今に始まった事ではないけれど髪色を変えるのはやっぱりたのしい…!

デュアルビーシャンプーリピート

年一のハイトーンカラーとリピート&今使ってるヘアケアアイテムについて

2020年10月30日

FinalAでも書いたのですが、美容院は高校生の頃から私のパワースポットなんです。

関連:承認欲求を糧に。美女と会うための短期美容スケジュールとりん編

気分も美意識もスコーンと上がるので、毎回行くのが楽しみで仕方がない。

あの仕上がった時の自分の変化を見るのがすきなんですよね…。

たまに、失敗したこともあるんですけど、それを含めこの頃から「変化」は好きなのかもしれません。

それで昨年ハイトーンにしてから、ありがたいことに好評なんですよ。

職業も髪色関係ないし、これはもっとハイトーンを楽しむべきだなと思って昨年から髪色をコロコロ変えています。

と言ってもまだ2回ですが、その遍歴について書きます。

地毛残しのピンクにしたときのこと

染める前

これぐらい抜けてたら入れたいよね…ピンクを!!

インスタで「#ハイトーン」「#ピンクベージュ」を探すエブリデイ。

ひとつ、なりたいうっすーいピンクベージュがあったので、その画像を握りしめていつもの美容院ではなく、ハイトーンが得意な美容室へGO!

美容院へ行く時は自分が良く着る好きなコーデで行ったほうがいいと、美女から教えてもらったのでライダースコーデで臨みました。

初めてだし、おしゃれだし、ただでさえ緊張しまくっていたのに、運良く担当がオーナー店長さんに。

ラッキーだけど緊張高ぶります。

髪型も変えたかったので、パーソナルデザインで教えてもらった「アバンギャルドに」「モードに」「エッジィに」「そして髪色はピンクに…」とお願いしました。

すると「このピンクならあと一回ぬかなきゃですね…。」と店長さん。

「えー!2回抜いてるんですよ!」と恐れながらも小さな反論しましたが、バスっとこの色にはならないな〜と切られました。

時間もなかったので、今回はこのブリーチを活かして根本はあえて残し(私が持っていった画像が根元残しのピンクカラーだったので)抜けたら綺麗な髪色になるようにやってくれました!

カラーは退色した時綺麗にみえるようにあえて残さない

ピンクヘア

こうなりました。

ぱっつんはとりあえずおいておいて、髪色がめちゃ可愛いピンクになったんです!!!

希望はもっと薄かったのですが、めちゃ可愛い!

担当さんいわく、「ピンクをいれるとオレンジが残りやすくてだんだん汚くみえてしまうからそれが残らないようにいれました。」とのこと。

たしかに、このあと退色していっても、濁らず綺麗なブリーチに戻っていったんですよね。

私は、上手なカラーの入れ方は色が残るようにすることだと思っていたのですが、担当さんが「残るようにすると濁るから汚く見えてしまうので綺麗にぬけるようにカラーをいれている」と仰っているのを聞いて自分の概念が覆りました。

いつも、色が抜けた時の髪色が黄みがかっていたのは色が残って濁っていたのかと納得しました。

…で、前髪ぱっつんですよ。

全然ぱっつんにする予定はなかったんです。

いつも、前髪どうするか問題に陥るので、今回オーナー店長さんに委ねました。

すると「モードにしたいなら、ぱつっと切ったほうがいいね。ラインをつくったほうがエッジィになる。」と仰ったので、じゃあお願いします!といって切ってもらったんです。

そしたら切った後に「でも、前髪を切るとおでこが隠れて、見えている部分が丸く見えるから子供っぽくなるね。大人っぽくするならワンレンにしたほうがいいね。」と仰ってきたのです。

おいおいおいおいおいおいおいおい!!!先に言ってくれー!

それ聞いてたら切らなかったよー!!!!!

いや、切ったらおぼこくなるのはわかっちゃいたけど、モードにエッジィになるからっていうから信じたのに、やっぱり子供っぽくなるのかよー!

おそらく私の顔はキュート寄りなので、モードにするなら大人っぽい髪型にしたほうがバランスがいいんだろうなと、切ってから学べたのでよしとしました。

でも前髪を切ったことで一ついいことがあったんです。

前髪を割れずにぱっつんにする方法

私は前髪に少しクセがあるのでおろしてもすぐに割れてしまうんです。

よくある濡らしてドライヤーで根本乾かしながらクセをとりはらうというのは通用しません。

だから、鈴木えみや秋元梢のような綺麗なぱっつんはあきらめていたんです。

前髪の癖の直し方

でもこのビフォアフをみてー!!!!前髪だけ、鈴木えみー!!(鈴木えみはもっと分厚いけど)

あんなに頑固な癖をどう直したのかというと、前髪の分厚さの調節!たったこれだけ!

私の場合クセや渦巻の位置によって前髪が分厚いところと薄いところがまばらにあったんです。

画像に書いてある通りなのですが、担当さんいわく「分厚いところを薄いところに合わせるだけで綺麗にすとんと落ちるよ」とのこと。

実際そうやって調整しただけでストンと落ちたし、そのあともぱっくり別れずに綺麗にストンパツーンとした前髪をキープできたんです。

前髪は今後伸ばすんだけど、この悩みが解決されたのは自分にとって大きな回収でした。

でも赤よりのピンクで、ぱっつんボブだから鬼●大好きな椿鬼奴に見えて少し恥ずかしくなりました。

その日の夜FinalAでLINE電話ミーティングだったのですが、前髪を切って失敗したちびまる子ちゃんを思い出すと言われてからはそれにしか見えなくなりました。

 

ハイトーンの根元残しはおしゃれだよ!と言われてやったけど、正直私の顔だとちょっと汚くみえてしまいました…。

多分顔が男顔よりな方だったらお似合いになるんです!

だけど私は女顔よりの顔だったからおしゃれにみえなかったのかなという見解です。(もうやらない)

パープルは退色が一番綺麗

前髪はあれですが、カラーとか髪の悩みとかいろいろ解決できたので、再びオーナーさんを指名で予約。

しかし、オーナーさんとのスケジュールがあわず前回のカラーから2ヶ月空いてしまいました。

そのため、根本が4〜5cmぐらい伸びてしまっていてリタッチが大掛かりなことに!

人生でこんなに、髪の毛に紙をひっつけられたのは初めてです…!

リタッチ

なんだこれおもしろ〜(ぱしゃり。)

紙をひっつける理由は忘れましたが、これも色を綺麗にみせるために必要な工程らしい。

三人係ぐらいでやってもらってリタッチだけで2時間かかりました。

もう根元残しぜったいやらない!(誓い)

んで、この日はミルクティベージュにする予定だったんです。

そしたら担当さんが「ベージュですか〜。」となにやら無難だな〜という雰囲気。言ってはいないけど。

察した私は「最近流行ってる色はなんですか?。」と聞くと「青とか紫とか寒色系ですね!冬だし。多分似合うと思いますよ。」とのこと。私には遠回しで「やろうぜ!やらしてくれ!」に聞こえました。

やりました。

パープルハイトーン

パープルいけるー!!!

顔周り寒色ってPC的にどうなんだろう?と思ったのですが、いけたんですよー!!

で、なんでパープルに踏み切ったかというとスタッフさん全員口を揃えて「パープルは一番退色が綺麗です!」というのです。

私のリタッチをしてくれた1人の女性スタッフさんが綺麗なベージュカラーをしていて、髪色素敵ですね!と言ったら「これもっと青かったんです!」とのこと。

インスタを見せてもらったら見事に真っっっっっっ青でびっくり!

青からこんなに綺麗なベージュになるの?!と聞いたら「なります!」とのこと!

するっしょー!!青はちょっとまだ勇気でなかったから紫やるっしょー!!

となって、こうなりました。

おそらくムラサキシャンプーの原理と同様で黄みを抑えてるから抜けた時に綺麗なベージュになるんだと思います。

ベージュトーン

染めてから2週間後。

めちゃくちゃ理想的なベージュになりました!

今回も前回同様、色が抜けるように(残らないように)入れてくれています。

なので、抜けても濁らず透明感カラー!

しかもこれムラシャン一回もしてません。

ムラシャンはしなくても大丈夫と言われました。めっちゃいいじゃん紫ー!

ちなみに紫のカラーをしたときのメイクは同系色か補色(黄色)を使ったメイクがまとまるそうです。

ハイトーンによってメイクを変えるのもたのしいので、ますますハイトーンにはまってしまいそうです。

ちなみに来月のカラーももう決まってます。

また何かしらでシェアしたいと思います。

それではおやすみなさい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください