人工毛とは思えないReal TechniquesのPOWDERBLEUシリーズブラシ【最近のお気に入り】

リアルテクニクス powderbleu

とりん(@t0rint0rin)です。

ついに買ってしまった!

リアルテクニクスのPowderBleuシリーズブラシ

きっかけは我らがヒツコスさんのブログ記事。

めっちゃリスっていう誰でもわかる表現聞いたら欲しくなっちゃいますよね(笑)

アイハーブで入荷されるのを待っていたんですけど、いくら待っても入荷しなさそうなのでリアルテクニクスの公式から買いました!

9/4に注文して、たしか二週間ぐらいで届いたかな。

リアルテクニクスは日本にも送ってくれるのですが、送料が1500円ぐらい取られます。

しかし、今回セールをしていて合計金額から3割引ぐらいされたので2000円ぐらい引かれて送料が浮いたのと、500円ぐらい安く買えました。ラッキー!

もし、リアルテクニクス買うならあらかじめメルマガに登録しておいてセールのときやクーポンが発行されたときがおすすめです!次はブラックフライデーかな!?

Real TechniquesのPOWDERBLEU

Real Techniques POWDERBLEU

左から

  • B02 Soft Finishing Brush ¥2,567
  • B01 Soft Powder Brush ¥2,567
  • B04 Soft Shadow Brush ¥1,589

リアルテクニクスのブラシってピンクとかオレンジとかポップな色が多いイメージだからネイビーブルーは新鮮!

一気に高級感がでます。

Real Techniques POWDERBLEU

開けるとこんな感じです!噂通り

ホワッホワ〜

形もめっちゃ綺麗!毛の細かさ伝わりますかー!?!?

このPowderBleuシリーズのブラシは、毛先が繊細で柔らかく肌当たりがいいのが特徴的なリス毛のブラシと同様の使い心地になるように設計された合成毛のブラシだそうです。

私リス毛のブラシは持ってないし、あんまり触ったことがないんだけど、これ触った瞬間「え!?これ人工的に作られた毛なの!?」って思いました。

それぐらい、柔らかく滑らかで気持ちいい!!

B01 Soft Powder Brush

まずは、一番大きなB01から!

これは一番ほしかった!なぜなら、この前購入したHourgrassのLightingpowderとの相性がいいとヒツコスさんがおっしゃっていたからー!手持ちのブラシでもいろいろ試したけど、どれもイマイチだったので到着をいまかいまかと待っていました。

大きさは、同じリアルテクニクスのBLUSH BRUSHと同じぐらい!

そんな差はないけど、B01のほうがやや大きいです。

触ってみると、同じ人工毛なのに違いがあります。

BLUSH BRUSHも柔らかいし肌当たりもいいんだけど、B01のほうがもっと柔らかくて滑らかです。

そしていいのは肌触りだけではない!

powderbleub01

粉含みはなまる〜!!!!💮

ちょっと見えにくいけど、サッサとブラシを軽く往復しただけでHourGlassの粉をしっかりとキャッチしてくれます。

そしてこれで肌全体につけるとすっごく綺麗に仕上がります。

テーバード型なので鼻周りとかも乗せやすいです。最高!

B02 Soft Powder Brush

続いてB02 SOFT FINISHING BRUSH !サイズがB01よりも3〜4周りぐらい小さいのに価格は同じなのね。

こちらはパウダーブラッシュやハイライトにおすすめのブラシです。

手持ちの同じぐらいのブラシと比較してみました。

左から白鳳堂B110チーク丸平・B02・ViseeAVANTフェイスパウダーブラシ04。

白鳳堂だけ天然山羊毛なんだけど、B02と触り心地比較してもそんなに差はない!

白鳳堂のほうが若干毛が太めでコシがあって、B02のほうが滑らか!でも本当にわかんないぐらいです(笑)

驚いたのがViseeAVANTのブラシとB02の毛質そっくりすぎる!目つぶって頬に当ててみたけど側面から当てた感じほぼ同じよ!

だからViseeAVANTの04も推せます。

でも、同じテーパード型でもB02 SOFT FINISHING BRUSH のほうが丸みがあってコンパクトなのでCゾーンとかにのせやすいです。

「怖いぐらいジャストフィットじゃー!」って心の中の千鳥ノブがツッコムぐらいです。

B04 Soft Shadow Brush

最後にB04 Soft Shadow Brush!

こちらも天然毛と比較。左が山羊毛でできた白鳳堂のJ5523アイシャドウ丸平、右がB04です。

さっきのチークブラシのときと一緒ですが、B04のほうが柔らかいです。

そもそも山羊と比較するのが間違ってたかな?w

柔らかいからふんわり発色控えめにしたいときとか、NARSのBIARRITZやココミラの左上みたいな消しゴムカラー(眉下に入れるカラー)で境目ぼかす時とかに使いやすいです。

持ち手はこんな感じ

Powderblueの持ち手

ちなみに持ち手はこんな感じ。

お箸の太いバージョンみたいな持ち手してます。

そして意外とずっしりしているので、他のブラシと比べると重ためです。

でもそれがなんか高級感があって良い!

 

リアルテクニクスのPOWDERBLEUシリーズもっと早く買っておけばよかったというぐらいめちゃめちゃ良いブラシでした。

これが1000円、2000円代で買えるのはありがたい。

結構気に入ったからB03のパウダーファンデーション用のブラシとB05のカブキブラシもほしいなと思ったけど自分のメイクフロー考えると出番が少なそうなのでとりあえずこの3本にはレギュラーメンバーとして頑張ってもらいます!

すっごくすっごくいいブラシなので気になる方はチェックしてみてくださいー!

POWDERBLEUシリーズのリンク張っておきますねー!

https://realtechniques.com/c/powderbleu

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください