貯金できなかった20代の私が実践してる貯金方法4つ

PAK85_laladentakuOL20140321500_r1_c1

 

私はお金が大好きです。

働いてちゃんとお給料をもらえることが幸せだと感じています。

そのお金で自分の好きなものを買ったり、目的を果たすために使ったりできるから頑張って働けると思っています。

稼ぎたいという気持ちは同年代の女子より高いと思っています。

ちゃんと会社はいって、ちゃんとしたお給料やボーナスをもらってからいろいろと気づいたのが昔は無駄遣いが多かったです。

若気の至りということもあって、毎月服に3万つかってたり、家でご飯たべればいいのに無駄に外食、いるかいらないものかわからないものを買ったり、安いから買うということをたくさんしていました。

実家暮らしだったのに貯金ができていなかった自分を恥ずかしいと思います。

貯金をしてなかったわけではありませんが、溜まっても限界がきて崩すということをしてしまいました。

今日はそんな貯金ができなかった私ができている貯金方法を伝授していこうと思います。

 

自分が使用している額の見直し

就職してマネーセンスのある人と関わる機会が増え様々なお金の使い方の見直しを行いました。

マネーセンスのある人に私の使い方を話すと、無駄遣いしすぎという点を指摘されました(´;ω;`)ブワッ

EvernoteやZaimというアプリを使って、1ヶ月間見直しをしてみました。

そうすると明らかに、コンビニや外食が多かったです。あと、付き合い費用も多かったです。

給料もらったら使う額を決める

例えば、月収16万円の場合。

・家賃5万

・光熱費1万

・車保険1万

・食費2万5千円

・携帯1万

・貯金1万

・服・化粧品2万

・付き合い1万

・その他2万

など使う額を決めておくのがいいです。

 

誘いは断るのも大切

お誘いには極力いったほうがいいですが、時にはお断りすることも大切だとわたしは思います。

お金ない状態で何でもかんでも誘いにのってたら破産します。

自己管理がしっかりしてる人のほうが、お金は溜まりやすいと感じました。

わたしは昔誘われたことは必ず行くという主義でしたが、「断ることも大事」ということをしったときから気持ち的にも金銭面的にもちょっと楽になりました。

 

 

貯金は給料はいったらすぐにして!

「貯金はあまったらでいいや。」と昔は思っていました。

でも、「余らないのです。」

それは。「自分に甘いからです」

「最初から貯金して、残りの額で生きていく」それが習慣づけば生活することは可能です。

 

三菱東京UFJ銀行の自動つみたて定期預金

自分でコンビニATMや銀行にいって貯金するのは少し億劫だし、そこでも甘えがでてしまうから、給料入ったら自分で引き落とせる方法ないかなー?と調べてみました!

自動つみたて定期預金

財形があれば、そちらでもいいのですが私の場合は会社が財形のシステムがなかったので、UFJの自動つみたて定期預金サービスを選びました。

口座また自動つみたて用に作って、指定した日にちに、自分で決めた金額を貯金することができます。まさに財形のようなものですよね!

口座はネットから申し込むと郵送物がくるので、それに記入すればあとは通帳が届きます。

私は、UFJダイレクトに登録してるので、そこから引き落とし日や金額を変更してます。

はじめてから1年ぐらいですが、今まで以上にたまりました!

 

電子マネーをうまく活用しましょ!

さきほど最初に決められた額をきめるとお話しましたが、これにならって電子マネーに決めた額をチャージしてコンビニを利用しています。

私は、楽天Edyを持っています!

いまこんなデザインあるんだwかわいい!わたしもこれがよかった。

まだで始めなころなんで、わたしはピンクか黒かしか選べなかったです(´;ω;`)ブワッ

楽天Edy

これに、3000~5000円分チャージして、今月はコンビニでこれだけしかつかっちゃだめといいきかせます。

そうすれば、財布を持ち歩かなくてもいい=無駄遣いしない。

そして、楽天ポイントがたまるのです。結果を早く求めたがるわたしですが、コツコツが大切だと最近おもいます。

 

 

こんなかんじで実践して、貯金をくずすこともなく生活できています。

今ある環境に感謝して、仕事をがんばりますー!ぜひお試しください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です