アクリルストーン、スワロフスキーを使ったハンドメイドピアスの作り方

最近ハンドメイドアクセサリーを作る方が増えてきましたね。

私もその一人です。

でもいざ作ろうと思っても、デザインとか見てすぐできるわけではないと思います。

今回はアクリルパーツやスワロフスキーを使ったハンドメイドアクセサリーの作り方をご紹介します。

 

レジン液を使ったハンドメイドピアスの作り方

用意する材料

2015041615

アクリルストーン 2つ

透かしパーツ 2つ

石座6mm 4つ

スワロフスキークリスタル6mm 4つ

スノーパール6mm 2つ

スクエアパーツ 2つ

ピアスパーツ(チタンポスト&キャッチパーツ)2つ

レジン液

爪楊枝

平ヤットコ

UVライト

 

1.石座にスワロフスキーを取り付けます

2015041616

 

石座にスワロフスキーを乗せて4つの角を平ヤットコで押さえます。

対角線上の順番で押さえていくと上手にできます。

 

2.透かしパーツにレジン液を塗っていきます

2015041617

透かしパーツの半分より上に爪楊枝でレジン液を塗っていきます。

この透明のシートは100均でラミネートフィルムを買ってきて切って使っています。

レジンはアルミホイルなどに流しておいて爪楊枝ですくって少しずつ使います。

 

3.アクリルパーツをおきます。

2015041619

この状態で一度UVライトにいれます。

私は2〜3分入れておきます。

 

4.スクエアパーツをつけます。

2015041621

透かしパーツの半分よりしたにレジン液を爪楊枝でつけて、スクエアパーツをひし形になるようにおきます。

まっすぐに置くようにしてください。

再びUVライトに入れて2〜3分ライトを当てます。

 

5.パールとスワロフスキーをおきます。

2015041622

スクエアをおいた内側にレジン液を塗って、スノーパールをおきます。

 

2015041623

 

左右がまだ開いていると思うので、レジン液を塗り、スワロフスキーを置いていきます。

2015041624

石座の四角にある金具がうまくはまるように置くといいです。

しっかりつけたいなら、アクリスストーンやスクエアパーツの側面にもレジン液を少しつけましょう。

左右にスワロフスキーをおいたらUVライトの中にいれ2〜3分ライトを当てます。

 

6.ピアスパーツを後ろにつけましょう。

20150416262

固まったら裏面にして、透かしパーツの中央にレジン液を塗りピアスパーツをつけます。

キャッチを取ってつけましょうね。

私は、頑丈になるようにレジン液に少し瞬間接着剤を混ぜてつけました。

そしてUVライトを当てます。

2015041627

 

完成

2015041628

大人っぽく、エレガンスなピアスができました!

レジン液でつけて、ライトに当てて固めるだけなのでとても簡単です。

私はパーツだけ買ったので1000円いくかいかないぐらいでこのアクセサリーができました。

ぜひお試しください!

よかったらクリックおねがいします(((o(*゚▽゚*)o)))↓

にほんブログ村 美容ブログ 女子力アップへ

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です