スキンケアをアクアレーベルホワイトアップ ローションとエマルジョンにしました!

化粧水と乳液がちょうどなくなったので評判が良いアクアレーベルに変えてみました。

選んだ理由は価格・評価の良さ・美白に特化しているとこです。早速使ってみましたー!

資生堂アクアレーベルホワイトアップ ローション

アクアレーベルのホワイトアップローションです。肌タイプに合わせて3つの使用感から選ぶことができます。

わたしはⅡのしっとりにしました。一番人気です。期間限定でオールインワンゲルクリームがついてきました。化粧水1本の価格で購入できたのでラッキー!!

特徴

ベビーアミノ酸配合

肌は保水バリア機能が乱れると外部からの刺激を受けやすくなり肌荒れにつながります。

アクアレーベルにはベビーアミノ酸という赤ちゃんの肌にたっぷりふくまれている成分を配合。

保水バリア機能を整えて肌に潤いを貯蓄してくれます。

透明感を引き出す成分配合

ホワイトアップローションには透明感を引き出す成分を配合しています。

  • m-トラネキサム酸・・・メラニンの生成を抑えシミやソバカスを防いでくれる。
  • エーデルワイス GL・・・保湿して乾燥によるくすみ肌を明るくしてくれる。
  • Wヒアルロン酸・・・肌に潤いを与えて柔らかくする。

使ってみた

とろみのあるテクスチャーなので手で使うのがおすすめ。

とても伸びがいいので500円玉ぐらいの大きさで首やデコルテまでぬれました。

とろみがあるので滑りがよく顔のマッサージがしやすかった!

肌にもしっかり吸収し、トロッとしたテクスチャーのわりにはベタつきがなく肌がさらっとしています。

これからの季節クーラーなどで肌が乾燥するし、紫外線も強いのでシミやソバカスの増加防止で使うにはぴったりです。

資生堂アクアレーベルホワイトアップエマルジョン

乳液もちょうどなくなったので、化粧水に合わせてアクアレーベルホワイトアップエマルジョンにしてみました。

価格は130ml1500円ですが、近くのドラッグストアで1080円になってました!またまたラッキー!

化粧水と一緒で青のシンプルなボトルです。青のボトルって清潔感があるし、清涼感があっていいですよね。

乳液にも化粧水同様ベビーアミノ酸やm-トラネキサム酸等が配合されています。

乳液はさっぱりとしっとりから選ぶことができ私はⅡのしっとりにしました。

使ってみた

乳液は口が少し大きめでストッパー的なものがないので逆さにするとドバドバ出てくるので出す時要注意です。

使うときは10円玉ぐらいの大きさで十分!乳液らしいトロッとしたテクスチャーで伸びも良いです。

肌馴染みがよくしっとりします。結構しっとりするのでお風呂上がりにつけると湿気と汗とでべたっとしますが少し時間をおけばさらっと肌に。しっとり感も続きます。

白くなった!とかはないですが、シミやソバカスを防いでくれるなら夏中頼りにしようと思いました。

まとめ

↑今の肌の状態です。

  • アクアレーベルホワイトアップシリーズはベビーアミノ酸配合なので肌の保水機能を整えてくれる
  • 透明感を引き出すm-トラネキサム酸やエーデルワイス GL・Wヒアルロン酸配合
  • とろみのあるテクスチャーで肌馴染みよし
  • ベタつきがなくしっとり感が続く
  • 乾燥・シミ・ソバカスを予防してくれるので夏に最適

1週間ほど使っていますが、特に目立った肌荒れもないのでこのままなくなるまで使い切ってみようと思います!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です