簡単!ナチュラル眉毛の書き方【自己流】インテグレートと眉マスカラだけでできちゃう

こんにちは!

Twitterで眉毛の描き方を褒めていただき描き方を教えてください!というリプライをいただいたので、僭越ながらご紹介させていただきます!

自己流なのでよろしくお願いします!

私の眉毛の描き方

使っているアイブロウアイテム

こちらが私が使っているアイブロウアイテムです。

右から

ケイトのデザイニングアイブロウは名品ですよね。みてわかるように、他の色は使い果たしてしまいました。

ヴィセのカラーリングアイブロウパウダーは去年の秋冬で赤眉が流行った時に購入。赤以外の色もいいのでたまに使っています。

最近ずっと使っているのがインテグレートのビューティートリックアイブロー。髪色とマッチするので今はこれ。

ブラシはケイトのブラシ(インテグレートの箱に入って入る短いブラシ)が描きやすいのでこれを使ってます。

あとから紹介しますが、眉マスカラも使ってます。

今回はインテグレートのビューティートリックアイブローとアイブロウペンシルと眉マスカラを使ったやり方をご紹介します。

自己流!眉毛の描き方

すっぴんはこんな感じ。ベースは終わらせてます。

私は結構ボサ眉で眉尻までしっかりと生えてます。

無意識で抜いたりしちゃうので(←異常)中央らへんがはげてますw

1.アイブロウブラシで軽く整えて眉尻の下の輪郭を描きます。

インテグレートビューティートリックアイブローの一番右の濃い色を小さいブラシ(アングルブラシ)でとります。

中央寄りのところから眉尻にかけて輪郭を描きます。私はカクカクとしたかっちり眉毛よりもナチュラルな眉毛が好みなので下の空間は開けずに埋めるように描いちゃいます。

2.黒目上の眉山から眉尻にかけて上側の輪郭を描きます。

3.上と下の間をパウダーで埋めていきます。眉山から眉尻へと毛の流れにそって描くのがポイント。

4.片側がかけたら1〜3の工程をもう片側の眉毛にも行います。交互に描いていったほうがバランスが整えやすいです。

5.再び濃い色を太いブラシ(ふわふわしたブラシ)でとって眉中を埋めていきます。

6.左から二番目の薄いブラウンを太いブラシでとって眉頭にのせていきます。

ふわっとのせる感じで描くと綺麗になります。

7.スクリューブラシでぼかします。

私が使って入るのがRMKのスクリューブラシです。

このブラシでやると自然な毛の流れになってナチュラル眉になります。

ぼかすことでよりふわっとしたナチュラル眉に。

少し薄くなったらアイブローペンシルで毛の流れに沿って毛を足すように描いていきます。

8.眉マスカラを塗る

眉マスカラはヘビーローテーション カラーリングアイブロウをつかっていきます。

毛1本1本につくように丁寧に塗っていきます。

毛に逆らって塗るとしっかりつきます。そのあとはちゃんと毛の流れに沿って整えましょう。

眉マスカラ塗るだけで垢抜けて明るい印象になります。

眉マスカラなし

眉マスカラあり

比べると全然違いがわかると思います。

すっぴんと比較

眉毛描くだけで顔の印象がすごく変わります。

眉尻と眉中を濃い色にして眉頭を薄くすることで立体的な感じになります。

眉山の下側を埋めることで角度がつかないので優しい印象に。

力をいれて描くとムラになるのでふわっとのせる感じを意識して描くと綺麗にかけると思います。

今日のアイメイク

今日のアイメイクはアディクションのプライベートビーチを上まぶたと下まぶたにぬって、ヴィセアヴァンのシングルアイカラー018で睫のキワにラインをひいて下まぶたは中央から目尻にかけてぼかして入れてます。

簡単にキラキラ&目力がアップするメイクです♪

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です